お知らせ

新着記事

カテゴリー

アーカイブ

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<前月 2017年10月 次月>>

Contets

  • 新入荷
  • 照明器具
  • ガラス製品
  • 陶磁器
  • 時計
  • 家具
  • その他
  • トップページ

Company

陽燈館

瑳琉、店舗移転のお知らせです!

この度4月24日(金)をもちまして、瑳琉は店舗移転の運びとなりました。
平素ご愛顧いただきました皆様に感謝の気持ちとともに、今後移転先となります
今出川にもぜひお足を運んでいただければ幸いです。

新店舗は姉妹店の喫茶・陽燈館と併設となります。
ご来店頂きましたみなさまに、ゆるりと一服していただけるよう、瑳琉らしい
ノスタルジックな空間をご用意してお待ちしております。

移転先住所  京都上京区今出川通室町西入掘出シ町
       304-4 1F
       ℡ 075‐411‐1155

今出川店のOPENは 5月9日(土)です!

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。。。

目印は
上京区総合庁舎の東側、今出川通り北側
グレーの壁面にステンドグラスの窓の・・・・
こんな建物!大正ステンドのドアを開けてどうぞ・・
↓↓↓



お知らせ | 03:52 PM | comments (x) | trackback (x)

あけまして おめでとうございます雪

お店に立ち寄って下さった方々、HPやFacebookを
いつも覗いて下さる皆様。
旧年もたくさんの出会いがありました。
どうもありがとうございました。

そして新しい年も何卒よろしくお願いいたします。。。

今年もどんなものたちに出会えるか、スタッフ一同も
楽しみにしています!

*1/6より営業開始しています*



お知らせ | 06:22 PM | comments (x) | trackback (x)

年末年始の営業のお知らせです。

今年も当店をご愛顧いただきありがとうございました。

12/28(水)~1/5(月)までお休みいたします。

新春のご来店、心よりおまちしております。。。


お知らせ | 05:34 PM | comments (x) | trackback (x)

明治大正期のガラス小鉢の入荷です。

両手の平にぴったり収まるサイズながらしっかり厚みと重みが
あるので、綿あめのようにはかなかくとろけてしまいそうな
風貌にして、我ここにありという存在感もかなりのもの!

往々にして子供のころに出会い、今は手元からなくなっても
いつまでも心に残りつづけている「もの」という存在が
誰しもあるかと思いますが、ふと幼い日にこのような小鉢に
触れていたとしたら、大人になったときにどんな風に
心に残っていくんだろう・・・
そんなノスタルジックな気分にどんどん引っぱられて
いくような逸品です。

乳白にほんの爪の先ほどの淡い緑を足したような、何色と
名づけられない色の花びら紋様はとてもシンプルで
大胆な筆さばきでありながら、ほんとうの花びらのように
やわらかい風にそっと吹かれているようにもみえて
職人さんの「ちから」を感じさせてくれます。



お知らせ | 02:49 PM | comments (x) | trackback (x)

以前にもご紹介した大倉ひとみさんの個展「幻燈街2004」 京都に続き、
東京にて開催中です。

2014年9月6日(土)~15日(月・祝) 
12:00~19:00 最終日16:00迄 9日は休廊日

ギャラリーツープラス two-plus.blog.jp
℡ 03-6695-8964
〒103-2203
東京都中央区日本橋2-1-19 三幸ビルB1F

京都の展示会にお邪魔したのは夏の真盛り・・・
きんせ旅館の敷居をまたぐと、正面の閉じられたドア越しに、人々の笑いさざめく声や
、くぐもった話し声が。
それがどういう具合か、遠くなったり近くなったりして聴こえてきて
「あ、これ大倉さんの描く街の音だ」と
扉の前にしばし、ただずんでしまったのを覚えています。

扉を開けると大正モダンな素敵なお着物姿で、夢二式美人な大倉さんが
出迎えてくださり、すっかり浸されてしまいました。

昔から今に残っているもの、それは手に取れる「もの」だけではなくて気配や、
匂いや、記憶や、そんな曖昧模糊なものも、この現世界の隙間に実は
今もたくさん満ち溢れていて、それを感受せずにいるなんて、なんてもったいない
ことだろう!と大倉さんの描く幻の街を垣間見せていただきながら、そんなことを
思ったのでした。

強い日差し、ひっきりなしに流れる汗、鳴き騒ぐ蝉たちに気を取られ、
すっかり油断の体でいた私が即座に感受してしまったのですから、「幻燈街」の
静謐な威力は凄いものです。。。



お知らせ | 04:16 PM | comments (x) | trackback (x)



PAGE TOP